MENU

大豆イソフラボン

バストアップ

バストアップするための方法は様々なものがありますが、最も有名なのは女性ホルモンに似ていると言われる大豆イソフラボンを摂取することだと思います。豆乳、きなこ、豆腐、味噌など、大豆イソフラボンが含まれる食品はたくさんあり、それらは「バストアップのため」と特別意識しなくても簡単に、そして日常的に摂取できるものです。

 

大豆製品の中でも私がオススメしたいのは納豆。納豆には大豆イソフラボンはもちろんのこと、良質なたんぱく質も多く含まれています。食べ物によるバストアップには大豆イソフラボンが欠かせませんが、その他にたんぱく質もバストアップには大事な栄養素だと言われています。大豆イソフラボンとたんぱく質、これらをバストアップに必要な量を同時に摂ることができる理想の食べ物が納豆だと私は考えています。

 

納豆は昔から日本人の食卓に並ぶ食べ物で、私たちの生活に非常に馴染みのあるものです。朝食や夕飯の白ごはんのお供として食べたり、最近では納豆を調理しておかずとして食べられることも多くなりました。納豆は独特な匂いや粘り気があるので苦手な方もいますが、食べ方次第ではおいしく食べることができます。自分に合った食べ方を見つければ納豆によるバストアップは簡単に叶うと思います。

 

サプリメントや手術など人工的な手を加えてバストアップするのと比べ、納豆でのバストアップは添加物や体への悪い影響がゼロ。自然な方法でバストアップするには、納豆が一番良い方法だと言えるのではないでしょうか。

 

食べ物と運動でバストアップする方法

私がしているバストアップ法は食べ物と運動です。まず、食べ物ですが、女性ホルモンを増やすようにすると自然とバストアップに繋がると思うんです。具体的には、イソフラボン、豆です。

 

これは、女性ホルモンに似た成分で食べると女性ホルモンが豊富になります。なので、バストアップだけではなく、肌が綺麗になったり、生理の周期が整ったりと女性にとってはいい事づくめです。豆腐だったら、半丁くらいを毎日食べるよう心がけてます。

 

強烈に変わるって事ではないですが、ずっと食べ続けてると胸の弾力が増してきたように思います。そして、運動ですが、肩甲骨を動かして、ほぐし、鍛えます。やり方は、手を後ろで肩幅に広げてタオルを持って、上下させます。

 

最初、きついと思いますが、徐々に柔らかくなります。肩甲骨は、普段あまり動かさないので、肩凝りなどにも効きます。何回かやると、肩の辺りがほぐれていく感じが分かります。これも、速攻性はないですが、姿勢も良くなって体の歪みも治ってくるので、実際のサイズは変わらなくても、見た感じは大きくなったように見えます。私も、姿勢が良くなったので、胸が下がり気味だったのが、少し上向きになったように思います。私は、地道な方法でお金をかけずにやってますが、サプリも試してみたいと思ってます。

 

バストアップクリームって効果ある?おすすめを教えて!