MENU

バストアップするためのリンパマッサージ

 

「バストアップしたい」女の子ならば1度は望んだことがあることですよね?

 

そこで今回は「リンパ」という器官をマッサージしてバストアップを実現する方法を紹介します。

 

 

1.リンパって?

リンパとは、体の中の老廃物やタンパク質成分を回収して体外へ排出する役割やウィルスへの抗体を生成する

 

役割を持った液体で、リンパ管という管を通って活動を行います。

 

このリンパの流れがよくなると体にとっていろいろな良いことがあります。

 

(1)血行の循環がよくなる

体の中の老廃物が排出されると血液中の老廃物もなくなるため、血液の循環がよくなります。

 

そうすると体の隅々まで栄養や酸素がいきわたり、冷え性や肩こりといった症状が改善されます。

 

(2)女性ホルモンが増加する

体の中の老廃物が排出されると血液だけでなく自律神経もよくなります。自律神経がよくなると

 

女性ホルモンであるエストロゲンやイソフラボンが大量に分泌するようになります。

 

この女性ホルモンにる乳腺を刺激して胸に脂肪をたくさんつけてくれる作用が働き、結果的にバストアップにつながります。

 

つまりリンパをよくすることは「バストアップ」につながることになります。

 

2.リンパマッサージ方法

それではリンパのマッサージ方法を紹介しましょう。

 

(1)上半身の大きなリンパ節をマッサージする。

鎖骨、脇には大きなリンパが流れているため、ここをマッサージします。

 

最初に大きなリンパをマッサージすることで全身のリンパの流れがよくなるためです。

 

鎖骨の場合は「鎖骨のくぼみに手の指の腹を当てて内側から外側へさすります」

 

わきの場合は「脇の下で円を描くように優しくさすります」

 

これをそれぞれ3回ずつ行います。

 

(2)胸のリンパをマッサージ

胸自体に流れているリンパをマッサージします。

 

胸の真ん中に、手の指の腹を当てて、アンダーバストにそってさすります。

 

これも同じく3回行います。

 

(3)背中から胸に流れるリンパをマッサージ

リンパには、背中から脇を通って胸へ流れているのがあるため、ここもマッサージします。

 

胸自体のリンパをマッサージするのと同様にここもマッサージするとバストアップにつながります。

 

右手を左の肩甲骨の下あたりから、胸の方へとさすります。

 

これを左右両方3回ずつ行います。

 

(4)二の腕のリンパをマッサージ

二の腕にもリンパが流れているためマッサージをします。

 

ここをマッサージすると、腕の脂肪が取れるだけでなく、その脂肪がバストに流れてバストアップする作用まで働きます。

 

脇を開いて、二の腕の内側にもう片方の手を当てて、ひじからわきの下へ向かうようにさすります。

 

これを左右5回ずつ行います。